華の郷(さと)

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護という十字架

<<   作成日時 : 2017/05/07 00:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

家族にとっては当たり前と

社会通念は

見るかも知れないが

その状況、その程度により

たとえ家族で有っても

決して軽くはない

お互いに分担できる?

あるいは見る側が

高齢でない場合は

まだ良いだろう

しかし

今回のような

老老介護は

どうだろうか?

国がなにがしかの

受け皿を用意できていたら

防げた罪では

ないだろうか?

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6238877

画像






画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
国家が犯罪者を作っている気がする
先の見えない介護を、家族にさせてそれを美徳とする考え方はおかしい。
昔のように何人も同居している家族は少ない。
見直した方がいいわね
今まで、国に税金を払ってきた結果がこれでは納得くできない
もうヘトヘト
2017/05/07 07:54
我が家のというか オバの介護も
もうすぐ ゴールかもしれない・・・
だけど 第二ラウンドも
気が抜けないかなァ・・
そんな日常だけに

ヤルセナイバカリダネぇ。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/05/07 14:21
カミさんはリュウマチで最後は歩けなくなった義母(カミさんの実母)を最後まで面倒見ていましたが、私の心中は複雑でしたよ。動けないと言うことで止むを得ない所はあるのですが、あれだけ世話になっていても文句が出るのですよ。そんな時怒りがこみあげてしまい、施設に入れるか、せめてディサービスに通わせろ!というのですが、カミさんは「そんな可哀そうでしょうよ」で終わり^^;。お前さんが倒れては俺が困るんだよ!という言葉が恥ずかしくて飲み込みましたが・・・・。
この夫婦は可愛そうですよね、認知症で意識が無いのですから介護の甲斐がありませんものね。こういう老老介護はやはり国が面倒見るべきでしょうね。でも私は仏壇に意識が無くなったら無用な延命処置はお断りします、医者も子供たちもよろしく頼みますと書置きしてあります。回復の見込みがあるのなら医療処置はしても良いが、見込みがない場合は延命処置はお断りです。事前指示書というのですが、面白いお医者さんの本を読み感動して作りました^^;
サヤ侍
2017/05/07 17:31
やはり〜
ここまで来ると
残念ながら
施設にお世話になるしか無いですよね
維真尽(^^♪
2017/05/07 20:26
こんばんわ、もうヘトヘトさん、

そうですね。仰る通りです。
今や同居している二世帯家族なんて

どのぐらいでしょう?
同居したくないから長子と
結婚しない人も増えているのでは?
結婚自体も大変ですし
子供を産んでも
預けるのも大変。

いったい日本の老後はどうなっていくのやら?
いつもありがとうございます(^-^)
忍舞(しのぶ)
2017/05/07 23:34
こんばんわ、高忠さん、

そうなんですか。
お身内の方が少ないんでしょうね。

そういう方が病床に附かれると
それもまた大変ですね。

もう何十年も前でしたが
義父の兄夫婦が入院した時も
お子さんがなかったので
夫婦で同じ病院に入院し(特養でしたが)
たまに義母が義妹たちと
お見舞いに行っていました。

介護自体のシステムを見直す
時期に来ているのでは?
いつもありがとうございます(^−^)
忍舞(しのぶ)
2017/05/07 23:38
こんばんわ、サヤ侍さん、

そうでしたか。
私には体験はありませんが
リュウマチの痛みは相当辛いのだとか?
お母様は奥様が娘さんだというのも
あり、甘えていたんでしょうね。
それは、実の親子だから言えることかもしれませんね。
ピンピンコロリという最期を
迎えたいのは、誰もが願うこと

それはまた、私も同じですよ。
人として生きていられないなら、
延命など無意味です。
いつもありがとうございます(^−^)
忍舞(しのぶ)
2017/05/07 23:46
こんばんわ、維真尽さん、

もし、それを亡くなられたご主人が
拒否されていたとしたら?

昔のお年寄りは自身の最期を
家で迎えたいと願った人は
多かったように思いますから。。。
いつもありがとうございます(^-^)
忍舞(しのぶ)
2017/05/07 23:48
昔は表沙汰にはならなかったから
今の方が大変な気がしますが
昔に比べるとかなり整備されて来たと思います。
一番の問題は私たちも同じですが
核家族化が問題の様な気がします。
大家族で生活して支え合う世の中が
できれば良いのですが
難しい問題だと思います。
せいパパ
2017/05/13 09:07
こんばんわ、せいパパさん、
そうなんですね。
私の学生時代には祖母が同居していましたし
その祖母も母が看取りました。

我が家では私と家族で義母、義妹、義父を相次いで
見送りました。

今一度家族の在り方を見直すと
苛めで自殺する子供たちも
老老介護もどちらにも
デメリットは少しは緩和すると思いますが。。。
いつもありがとうございます(^-^)
忍舞(しのぶ)
2017/05/13 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護という十字架 華の郷(さと)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる